スポーツ障害・外傷

スポーツで負ったけがの治療

スポーツで負ったけがの治療八幡市松井山手の当クリニックの整形外科では、スポーツで起こる身体の故障に対して、運動の種類、外傷・障害の特殊性などを考慮した適切な診断・治療を行っております。
また、理学療法士による専門的なリハビリテーション(運動療法・物理療法)の設備も整っておりますので、日常生活、そしてスポーツへの復帰を見据えて治療メニューをご提案しております。
スポーツをされている方、これから新しいスポーツを始めようとしている方を対象としております。

スポーツ外傷とスポーツ障害の違い

スポーツ外傷とスポーツ障害の違いスポーツ外傷とは、スポーツ中の接触・衝突・転倒などの瞬間的な外力によって起こる骨折・脱臼・捻挫などを指します。
一方、スポーツ障害は、練習・試合などで、長期的に過度の負荷がかかり、(多くのケースで部分的に)痛みなどの慢性症状が現れている状態です。
いずれも、身体の成長段階である中学生・高校生に起こりやすく、ご自身での正しい判断(休養・スポーツの中止・整形外科の受診)ができないこともありますので注意が必要です。
当クリニックでは、日本整形外科学会認定スポーツ医である院長が治療にあたります。部活動やサークル、社会人クラブなどで起こったスポーツ外傷・スポーツ障害を数多く治療し、早期復帰のサポートをして参りましたので、安心してご相談ください。

主なスポーツ外傷

  • 突き指
  • 打撲
  • 骨折
  • 脱臼
  • 捻挫
  • 切り傷
    • 擦り傷
  • 靭帯損傷
  • 腱断裂
  • 肉離れ
    • アキレス腱断裂

など

主なスポーツ障害

  • 野球肩
  • 野球肘
  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • テニスレッグ
  • ジャンパー膝
  • ランナー膝
  • アキレス腱炎
  • 疲労骨折

など

ケガをしたときの応急処置「RICE療法」

RICE療法とは?

RICE療法怪我をしたとき、慌てずに応急処置をすることも大切です。
「RICE(ライス)療法」とは、Rest(休養)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字をとって名づけられた応急処置法です。正しく行うことで、症状の悪化を防ぐだけでなく、治療期間を短くできたり、治療後のスポーツへの復帰を早めることにつながります。
※RICE療法は、あくまで応急処置です。専門的な治療が必要になることは十分にあり得ますので、RICE療法ののち、整形外科を受診するようにしてください。特に、患部の変形が起きているとき、脱臼・骨折が疑われるときには、「Rest(安静)」と「Ice(冷却)」の処置のみに留め、少しでも早く整形外科にご連絡ください。

Rest(レスト):安静

組織の損傷の拡大を防ぐため、患部を安静にします。
副木、三角筋、弾性の包帯などで固定し、できるだけ動かさないようにします。移動の際にも、担架を使用する、周りの手を借りるなどして、患部への刺激を最小限に抑えましょう。

Ice(アイス):冷却

痛み・炎症・内出血を抑えるため、冷却します。
コールドスプレー、冷湿布、水などは、一時的な効果はありますが、長時間冷却することが重要ですので、できれば氷(もしくはコールドパック)を使いましょう。凍傷のリスクを避けるため、氷をビニール袋に入れたものをタオルなどで包み、患部を冷やします。
怪我から24時間~48時間の長時間の冷却が望ましいとされています。

Compression(コンプレッション):圧迫

機能障害の原因である内出血・腫れを予防するため、圧迫します。
弾性包帯、テーピングを使って、患部を強く圧迫しますが、患部の先の手足、指の色に蒼白が認められ、痺れが生じたときには圧迫を緩めます。その後、色が元に戻り、痺れがとれたら、再び圧迫をします。様子を見ながら、これを繰り返します。

Elevation(エレベーション):挙上

内出血・痛みを緩和するため、患部を心臓より高い位置に上げます。